太らない方法と秘訣講座TOP > 簡単にダイエットする方法とは? > 夜食でも太らない方法ってあるの?

夜食でも太らない人っているの?

夜食しても太らない方法ってあるのでしょうか?

もしそんな方法があれば、とっても楽しくダイエットができそうです。結論から言えば、不可能ではありません。ただし概日リズムが夜型の人に限ります。たとえば夜更かし癖がある人や、夜間勤務の人ですね。看護師さんの場合もそうです。

たとえば夜勤がようやく終わり、帰ってきたのは深夜。そのあと自宅で食べるものは、名目上は夜食ですが、それほど太る原因にはなりません。なぜなら夜勤の人の体内リズムは、もっと遅くにずれ込んでいるからです。

ただし夜勤から帰って来て、3時間以内に眠るのなら、たくさんは食べないほうがよいでしょう。脂っこいものを避け、シリアルと牛乳(ミルク)程度にしておいたほうが無難です。これなら夜食しても太らないでしょう。

そのほかの人では、夜食で太らないためには、1日全体の摂取カロリーを計算しておく必要があります。たとえば朝、昼、夜のご飯がカロリー控えめなら、夜食を摂ったからといっても、それほど太る原因にはならないと思われます。

ただし、極端な食事制限をしている人は、別です。体が飢餓状態になるので、どんどん脂肪を蓄えてしまうからです。そうではなく、それぞれの食事量をやや控えめにしている人は、夜食で、ちょっとつまんだからといって、それほど神経質になることもないでしょう。

ストレスを感じると大脳辺縁系(とくに扁桃体)が刺激され、その結果、交感神経が優位になります。これが心拍数の増加や血圧の上昇、血糖値のアップなどを引き起こすことに。これでは安静に眠れたものじゃありませんよね?

このときに、ちょっと起き出して甘いものを少しだけつまむことは、けっして悪いことではありません。少しだけなら太らないので大丈夫です。甘いものを食べることで、脳にエネルギーが行きます。また消化の活動は副交感神経の範ちゅうなので、眠くなってきます。もちろん、ちょっとだけ食べるだけですから、夜食で太らない方法といえます。

食べると血糖値が上がり、脳内の視床下部にある、オレキシン作動性ニューロンが抑制されます。そうするとノルアドレナリンやドーパミンといったモノアミン作動性ニューロンの活動を抑制してくれます。その結果、眠くなってくるので、ちょっとした夜食は寝付けないときの、1つのアイデアです。ただし、これが習慣になってくると、食餌同期性リズムによって、かえってその時間に目が冴えてきます。つまり夜食を摂らないと、寝れなくなるのです。

ちょっと夜食を摂っても太らないとはいえますが、夜食が習慣になってくると、話は違ってくるということです。毎日、食べてから寝る習慣がつくと、それこそ肥満へのコースを一直線となります。

夜食でも太らないためには、夜食前に軽く筋トレをしたり、夜食後しばらくしてから有酸素運動をする必要があります。でも、そんなことをしたら、体と脳が興奮してしまって、しばらくは寝付けませんよね?

結局は、夜食をして太らないでいることは困難になります。ただし前述したように、寝れない晩に、一時的に利用するなら、不眠解消の方法として役立ちます。でも、これが習慣になると、食べない限り眠くなってこなくなるので、注意が必要です。

夜食を食べたくなるのは、夜更かしをするためと、日中の摂取カロリーが低すぎるためです。ダイエットというと、過度の食事制限をする人がいますが、これでは夜更かしをした場合、肝臓内のグリコーゲンタンクがすぐに枯渇して、耐え難い空腹感にさいなまれます。これを防ぐには、しっかりと1日3食の食事を摂ること、そしてリズム正しい生活を確立することが大切になります。