太らない方法と秘訣講座TOP > 簡単にダイエットする方法とは? > 食べても太らない時間帯とは?

食べても太らない時間帯は午後3時

食べても太らない時間帯というものが存在します。ダイエットで痩せようというなら、これを知らないのは、かなりの損失になります。

結論からいうと、1日のなかで食べても太らない時間帯とは、午後3時です。いわゆる3時のおやつ時ですね。じつは、この時間帯は生理学的にも、もっとも脂肪になりづらい時間帯だったのです。昔の人は、知ってか知らずか、うまい具合に間食を摂っていたわけですね。

食べても太らない時間帯を、もっと広く捉えれば、朝起きた直後から午後の3時までです。人は眠っている最中は副交感神経が優位ですが、目覚めると交感神経に切り替わります。そして体温の上昇が始まります。

交感神経は脂肪を燃焼する働きがあり、副交感神経は脂肪をため込む働きがあります。ですから交感神経が活発なときに食べるものは、脂肪になりづらいのです。朝食はもちろん脂肪に蓄積しづらいですし、昼食もたくさん食べても大丈夫なのです。

体温は夕方あたりに最高潮に達して、徐々に副交感神経に切り替わっていきます。それとともに眠気を感じて、リラックスしてきます。このときは、だいたい夕食時にあたります。ですから夕食に食べ過ぎることは、脂肪に蓄積しやすくなるといえます。

食べても太らない時間帯は、このように夕食を除けば、そのほかすべての食事時が当てはまります。ですから、もし甘いものや脂っこいものを食べたいときは、それを朝食や昼食、あるいは午後3時にもってくるのが、賢いダイエットの食べ方といえるでしょう。

さて冒頭で、午後3時が食べても太らない時間帯と述べました。それはなぜなのでしょうか?これにはBMAL1(ビーマルワン)という物質がかかわっています。BMAL1は体内時計を調節する遺伝子に関わっています。人には体内時計があるのですが、そのリズムとともに活動しています。

BMAL1には、脂肪をため込むという働きがあります。午後3時は1日のうちで、もっともBMAL1が少ない時間帯なので、太りづらいというわけです。反対にもっともBMAL1が多いのは、午後10時から夜中の2時あたりといわれています。ですから寝る前に食べたり、この4時間の間で食べてしまうと、それは脂肪に蓄積されやすいということです。

ただしBMAL1は前述したように、体内時計と連動して発動します。ですから夜型の人の場合、食べても太らない時間帯は午後3時ではなく、もっと後にずれ込むことになります。たとえば5時間後の午後8時が、もっとも脂肪に蓄積しにくい時間帯かもしれません。正確にいつがそうかは、個人差があるので、自分自身の体に聞いてみるしか分かりません。夜勤勤務や夜型の人は、午後10時以降に食事をしたからといって、必ずしも太るわけではないということですね。

でも寝る前の3時間の時間帯に食べることは、肥満の原因になります。これは寝るまでの活動量が少ないというだけではありません。先ほども述べたように、寝る前や睡眠中は副交感神経が活発です。これは脂肪をため込む働きが強いため、どうしても脂肪に蓄積しやすくなるのです。

そのほか寝る前に食べると、胃腸が活発になって、深部体温が下がらなくなります。そうなると眠りが浅くなって、成長ホルモンの分泌量が低下して、脂肪の燃焼効率が下がってしまうのです。(オレキシンの働きで寝やすくはなりますが・・)

食べても太らない時間帯は、以上のように午前中から午後3時あたりになり、午後3時がもっとも脂肪になりづらいといえます。ただし体内時計のリズムは、人それぞれなので、自分自身の生活パターンに置きかえて考える必要があります。